写真を楽しむ in minamiosawa


写真を撮る、仕上げる、プリントする、公開するのを楽しむ。
by mosphoto
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新の記事
新宿駅から近いギャラリー
at 2011-04-06 18:43
多摩川
at 2011-04-04 20:45
トイカメラ
at 2011-03-31 21:48
大石芳野写真展 それでも笑みを
at 2011-03-28 19:00
蝶の飛翔撮影
at 2011-03-07 13:17
以前の記事

<   2011年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

トイカメラ

トイカメラと言うのがある。
いわゆるおもちゃのようなカメラで、安くて、写りは良くないが、その写り具合がまた良いと、若者に人気があると言う。

まったく興味もないし、買う気もなかったのだが、CP+でアンケートに答えて、抽選で当たってしまった。

HOLGA K-200N/FELと言う、35㎜フィルム用でフィッシュアイレンズが付属しており、フラッシュ付きでその前には色フィルターがついている。
香港生まれのカメラである。

d0218022_21473175.jpg


誰かにあげてしまおうかとしたが、考え直して使ってみることにした。

ビックカメラで27枚撮りネガカラーフィルムを買ってみたら、570円した。
ちなみに、このカメラの希望小売価格は6,930円。

さあ、どんな写真が撮れるのか、明日撮ってみよう。
[PR]
by mosphoto | 2011-03-31 21:48 | カメラ

大石芳野写真展 それでも笑みを

あの大地震から、あっという間に2週間をこえてしまった。

あの日も午前中、新宿のコニカミノルタプラザで環境に関するとても良い展示を見た。
そして今日は、同じギャラリーで、「大石芳野写真展 それでも笑みを」を見た。

紛争地域やチェルノブイリなど大変重い写真もあるが、40年間世界中で撮った写真から選んだ50点は、圧倒的な力で迫ってきた。


詳細はコニカミノルタプラザのサイトでご覧ください。→クリック

大石さんの以前の講演会動画はこちらです。→クリック

4月1日(金)までやっております。
ただし通常と違って、17:00までと言うことです。

d0218022_18583312.jpg

[PR]
by mosphoto | 2011-03-28 19:00 | 写真展

蝶の飛翔撮影

飛びものの写真は難しい。 が、大変面白い。
自分なりの工夫をして、狙い通りに撮れた時は本当に嬉しくなる。
しかし、実際は失敗の連続である。

野鳥の飛翔、蝶の飛翔と挑戦してきたが、基本的にはまったく違う撮影となる。
野鳥の場合は望遠レンズ使用で、フラッシュは使えない。
蝶の飛翔は、望遠レンズやマクロレンズもあるが、標準から広角系のレンズで背景も入れた方が好きだ。
それにフラッシュも使える。

そろそろ、蝶が飛び始める陽気となり、今年もどんなのが撮れるのか楽しみである。
そこで毎年3月頃に、飛翔撮影練習というわけで、多摩動物公園の昆虫生態園に行っている。
ここは、まあ人工的なところであるが、練習としては大変楽しいし、面白いところである。
南西諸島の蝶が、それこそ巨大な温室に沢山飛び回っている。

カメラはOLYMPUS E-3、 レンズはZUIKO DIGITAL 14-54mm(35mmフィルム換算28mmを使用)。
露出はマニュアルで1/2,500秒、f3.5、ISO400。
ピントもマニュアルで、30cmに固定。
高速連写でノーファインダー。30cm位置に蝶が来るように撮影。
フラッシュは不使用。

まあ、デジタルカメラだから出来る撮影ですね。

この日は、外気との温度差が大きく、温室に入ってカメラの曇りでしばらくは撮影できなかった。
コート、セーターとだんだんと脱ぎ捨てたが、汗びっしょりとなってしまった。



オオゴマダラ 遠足の子供たちと温室内を映しこむ。
d0218022_1253594.jpg


ツマムラサキマダラ。
d0218022_12534858.jpg

[PR]
by mosphoto | 2011-03-07 13:17 | 撮影

ルーマニアについての写真展

写真展を見ることは、以前から好きだった。

名の知れた写真家の写真を実際に見て感動することもあるが、まったく知らない方でもこんな写真があるのかと思うこともある。
でも、がっかりすることもたくさんあるのだが。

自分が写真展をすることに決まってからは、写真そのものと共に、額装の仕方、展示の方法、照明なども気になるようになった。

でも今は、そんな展示方法や、写真そのものの構図やピントということよりも、写真展の背景や意図が気になってきている。

先日、調布で開かれている「山本敏晴写真展 ルーマニアの記憶 ・・・大切なものは何?・・・」を見てきた。
そこで写真とビデオを見て、頂いたパンフレットを読んで、今までルーマニアについて、ほとんど知らなかったことに気づかされた。
ルーマニアの少年少女に「大切なものは何?と聞いて絵に描いてもらい撮影した写真の数々。


この、山本敏晴さんは医師で写真家で、NPO法人「宇宙船地球号」の理事長である。
以前、新宿の写真展でお会いして、少し話をしたことがある。
その時もすごい人だと思ったが、今回会えなかったが、こういう人もいるのだとあらためて思った。

調布市文化会館たづくり1階展示室で、3月20日まで開かれています。
10時から18時までで、入場無料です。
内容をここに書くよりも、ぜひ多くの方に見ていただきたい写真展です。

↓クリック
写真展の案内

d0218022_17255167.jpg

OLYMPUS PEN E-PL1   ART トイフォト
[PR]
by mosphoto | 2011-03-02 17:24 | 写真展


外部リンク
フォロー中のブログ
検索
カテゴリ
タグ
メモ帳
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧